王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

ずっとコンプレックスだった眼瞼下垂 50代男性

千葉県にある東邦大学医療センター佐倉病院形成外科の王子です。

眼瞼下垂手術数は県内最多の施設です。

 

症例の紹介です。

50代男性の眼瞼下垂。

 

「右まぶたが開きづらいことがずっとコンプレックスでした。」

 

どうやら20代のころから右まぶたがさがっていたようです。

ここ最近はおでこのしわ、肩こりと頭痛にも悩まされていたとのこと。

手術の決心をし、近くの眼科から当院へ紹介されました。

まぶたを開くメインの筋肉の力(上眼瞼挙筋)が通常ほど認められたので、

眼瞼下垂症手術を行いました。

専門的にいうと挙筋腱膜前転術です。

 

手術前

f:id:tomitooji:20171014144148j:plainf:id:tomitooji:20171014150214j:plain

 

手術後1年

f:id:tomitooji:20171014144202j:plainf:id:tomitooji:20171014150159j:plain

 劇的な効果ですね。

左右差もほぼ改善しています。

 

「肩こりもコンプレックスもなくなって毎日快調です。

ありがとうございました。」

 

写真使用を快諾いただいた患者さんに感謝いたします。

次回は術中の写真と術後の経過とお伝えする予定です。

 

同じような症状をもつかたは、

ぜひ 形成外科 

受診してみてください。

 

なお、当院は千葉県内で眼瞼下垂診療実績が最多の施設であり、(DPC実績)

 

  • お子様(先天性眼瞼下垂)
  • 80歳以上の高齢のかた
  • 血液サラサラのお薬を飲んでいるかた
  • ペースメーカーや除細動器が入っているかた

 

でも安心して手術を受けることができます。

当院の形成外科では、すべての手術を、

より綺麗に、より丁寧に、妥協せずに取り組んでいます。

それが患者さんの喜びにつながると信じています。