王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

ずっとコンプレックスだった眼瞼下垂 50代男性 〜二重について〜 

どうも形成外科専門医の王子です。

千葉県佐倉市にある東邦大学医療センター佐倉病院で形成外科をやっています。

今日は当院で当直をしています。

今夜千葉県内で顔を怪我してしまったかたは当院へどうぞ。

 

今回は眼瞼下垂手術における二重についてです。

 

眼瞼下垂の手術をすると二重になる

 

これは半分ほんとうで半分間違いです。

 

 

皮膚を切る眼瞼下垂の手術の際に、(経皮的腱膜前転術)

二重をつくらないようにすることも可能です。

しかし二重ができないと、まつげの上に皮膚がだぶだぶと乗ってきてしまい、

見た目がすっきりしない上に、

視野の妨げになったり、逆さ睫毛になったりと、機能としても劣ります。

なので同時に二重をつくったほうが望ましいのです。

 

しかし二重は顔の印象を大きく変えます。

二重が心配で手術にふみきれない患者さんは少なくないでしょう。

 

結論からいうと、

 

二重を正確にコントロールすることは至難の技ですが、

二重の知識や十分な経験で二重をコントロールできる確率がグンとあがります。

 

 

では症例写真をみてみましょう。

まぶたを開けたときの二重は前回の記事を参考にしてください。

今回はまぶたを閉じたときのきず(二重の線)に注目します。

術前の写真です。

f:id:tomitooji:20171018222628j:plain

 

一年後の二重です。手術したかどうかわからないくらいです。

f:id:tomitooji:20171018222953j:plain

 

眉を軽く持ち上げた時のきずのアップです。

f:id:tomitooji:20171018223442j:plain

うっすら白いきずがみえますが、目をこらさないとわからないレベルです。

きずのへこみもなく、良好な二重です。

 

 

きれいな二重とは?

 

  • きずがほぼない、もしくはきずがあってもとてもきれい。
  • きずの周囲に凹みがない。
  • 二重のひきこみがちょうどよい。
  • 二重にかぶさる皮膚が厚くない。

 

列挙すればいくらでもありますが、私はこの4つを第一の目標としています。

これらを満たすために、様々な工夫をこらしているのです( ´∀`)

これについてはおいおい記事にしていきます。

 

 

ということでこれから眼瞼下垂治療を考えている方へのメッセージです。

 

眼瞼下垂治療は

二重について詳しい形成外科医(もしくは美容外科医)

にやってもらいましょう。