王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

20代女性 眼瞼下垂 〜しっかり幅のみえる二重に〜

どうも形成外科専門医の王子です。

本日は城本クリニック立川院で診療でした。

あいにくの雨でしたが、多くの患者様にお越しいただきありがとうございます。

ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、二重埋没法等の施術がありました。

注射や埋没法はプチ整形といわれていますが、

適応や施術法により大きな効果を得ることができます。

逆にいえば、適応や施術法が間違えば効果が得られないとも言えます。

 

前回の続きと解説です。

 

20代女性の右眼瞼下垂症

に対して、右は挙筋腱膜前転術、左は切開重瞼術を施行しました。

(切開重瞼術とは切開の二重の手術です。)

 

まずはデザインです。デザイン前に入念なシミュレーションを行っています。

まぶた中央での切開線(二重)の高さは9.5mm(軽く伸ばして12mm)

目頭側が平行型になるようにデザインしています。

(左まぶたの線は、線の下縁を切開線としています。)

f:id:tomitooji:20171021172723j:plain

 

 

術直後の写真です。

皮膚切除なし、眼輪筋切除なし

右の挙筋腱膜の前転量はわずか。

二重は挙筋腱膜を用いて作成しています。

まぶたの開きは揃いましたが、左の眉がやや高いのもあって左の二重が広くみえます。

腫れや内出血を極力抑えるコツがありますので、腫れは少ないほうでしょう。

f:id:tomitooji:20171021173008j:plain

 

 

抜糸時の写真です。

術直後より二重幅が狭くなりましたが、腫れがのこっていますので幅はまだ広めですね。

わずかに二重幅が違いますが、腫れと眉の高さの影響も少しありますね。

この時点で目があけやすくなり、肩こりもとれたとのことでした。

f:id:tomitooji:20171021172810j:plain

 

 

術前と術後1年の写真を並べてみます。

左の二重幅がわずかにひろいですが、眉の差を考えれば合格でしょうか。

二重幅にも、目のひらきにも満足いただきました。

f:id:tomitooji:20171021172929j:plainf:id:tomitooji:20171021173740j:plain

 

術後1年でのきずあとです。皮膚切除なしなので、なじみがよいですね。

f:id:tomitooji:20171021173047j:plain

きずがきれいなことはもちろんのこと、

凹まないように、

睫毛の根元が見える魅力的な目になるように、

いつも全力を尽くしています。

 

 

二重と眼瞼下垂のお悩みはぜひ形成外科まで。