王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

手術後から目が閉じなくなった。眼瞼下垂の他院修正 70代女性

形成外科専門医の王子富登です。

 

本日は連休明けの月曜日でたくさんの患者さんにいらしていただきました。

眼瞼下垂の初診の患者さん、まぶた治療の経過の患者さん、

皆さまに満足いただける診察や説明を心がけています。

千葉県内でまぶた治療をご希望のかたは東邦大学医療センター佐倉病院にお越しください。

 

 

 

今回は他院修正の症例です。

 

手術後から目が閉じきらなくなり、引きこもりがちになった。

 

近くの病院に通っていたときに、

 

「まぶたがたれさがっていますね。簡単だから手術しましょう。

片方ずつやれば負担も少ないですよ。」

 

といわれ、保険治療で左まぶたのみ手術を受けた患者さんです。

術前の写真です。

f:id:tomitooji:20171118155839j:plain

f:id:tomitooji:20171118160615j:plain

f:id:tomitooji:20171118160627j:plain

眼瞼下垂が両側ありますが、手術を受けたはずの左の症状が強いです。

そして左側は二重ができないくらい、異常なほど皮膚が少なくなっています。

ちなみに、この状態は前医で手術を受けてから半年後です。

手術後1か月くらいで初診にいらっしゃったときは、

睫毛も反り上がり、目がとじきらない状態でした。

これでもかなりよくなった状態です。

 

精神的につらすぎて、あまり外出をしなくなった

とのことで、

なんとか力になってあげたいと思い、修正手術をお引き受けしました。

 

術後半年の写真です。両側の手術を行いました。

f:id:tomitooji:20171118162510j:plain

f:id:tomitooji:20171118162826j:plain

f:id:tomitooji:20171118162858j:plain

 

術前術後の写真を並べます。

f:id:tomitooji:20171118163801j:plain

 

 

残された組織や状況で、できる限り良い結果を目指しました。

しっかりと二重になり、目の開きも楽になり、

ご本人はとても喜んでくださいました。

今回初回手術となった右側(むかって左)はとても自然な出来です。

(下まぶたの下垂はありますが、こちらは治療していません。)

写真の使用のご快諾ありがとうございます。

 

 

次回は手術の経過をお伝えします。

 

なお、私の経験上、

 

「簡単な手術なので片方ずつやりましょう」

 

と他の病気のついでに手術の勧誘をうけた場合は気をつけましょう。

 

まぶたの手術はシンプルですが、簡単な手術ではありませんので。