王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

痛くて我慢できないほどの巻き爪を治す。

どうも形成外科専門医の王子富登です。

皆さま連休楽しめたでしょうか。

私は久しぶりに運動と映画と買い物を楽しみました。

 

 

 

本日はまぶたではなく、爪の治療です。

 

 

痛くて痛くてどうしようもない巻き爪

 

「痛くて家事すらできません。」

 

手の親指の爪をみせながらこうなげきました。

70代の女性です。

近くの皮膚科に通うも、軟膏と痛み止めをだされるだけで、

まったく改善しないため、当院を受診しました。

 

術前の写真です。

f:id:tomitooji:20180106153102j:plain

爪が肉に食い込んで、見るからに痛そうな写真ですね。

このままほっておくと、痛い部分からばい菌が入り、

化膿してしまうでしょう。

 

このくらいの重症な巻き爪は手術でしか治りません。

ワイヤーなどは一時的な時間稼ぎで、根治しません。

 

術後9か月の写真です。

f:id:tomitooji:20180106153354j:plain

劇的な改善を認めます。

 

「痛みもまったくなくなり、水仕事も安心してできるようになりました。」

 

と大変喜んでいただきました。

やりがいのある治療ですね。

 

写真の使用のご快諾ありがとうございます。

 

 

「爪を抜いただけじゃないの?」

 

といわれるかもしれませんが、違います。

それだと確実に再発します。

再発予防の策が大切です。

 

次回は手術内容について紹介します。

 

形成外科ではこういった爪の難しい治療も行っています。

皮膚科を受診して治りませんと言われた方も、

あきらめないで形成外科を受診してくださいね。