王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

下まぶたの外反 高度のあっかんべーを治す。 60代男性

どうも形成外科専門医の王子富登です。

 

先日の大雪は大変でしたね。

私は帰宅すると、次の日の手術に間に合わないと予想し、

病院に泊まったので、次の日の帰る頃にはすでに雪がやんでいてラッキーでした。

 

 

さて本日は下まぶたの治療です。

 

下まぶたの高度のあっかんべーを治すには?

 

下眼瞼外反症(かがんけんがいはんしょう)という病気があります。

けが、できもの、加齢性の変化が原因となります。

加齢性の変化として、下まぶたを構成する要素が年とともに弛緩することで

起こるといわれています。

 

治療は手術です。

 

再発しやすいといわれてますので、適切な手術の選択が必須です。

 

術前の写真です。

f:id:tomitooji:20180127162145j:plain

f:id:tomitooji:20180127162232j:plain

かなりの外反です。

テープで押さえていなければすぐにこうなってしまいます。

眼科で手術してもらったらしいのですが、

1週間で再発したとのことです。

ちなみに、このかたは

眼瞼下垂手術を他院で3回、眉毛下皮膚切除を他院で1回しています。

しかし、うわまぶたの二重が浅く、逆さまつげもひどい状況です。

 

術後3か月の写真です。

f:id:tomitooji:20180127162607j:plain

f:id:tomitooji:20180127162720j:plain

眼球にまぶたが密着しています。

後戻りも少なく、よい経過です。

患者様にもご満足いただけました。

写真使用のご快諾ありがとうございました。

 

 

どんな治療をしたのかは次回で。