王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

黒目の中心がでていないのは病気です。重度の腱膜性眼瞼下垂症の治療  70代 女性 続き

どうも形成外科専門医の王子です。

 

花粉症の薬を飲んでいるせいか眠気が強いですが、

本日も診療頑張ります。

 

 

さて前回の続きです。

mabuta-blog.hatenablog.com

 

術前の写真を再掲します。

f:id:tomitooji:20180226235617j:plain

f:id:tomitooji:20180226235640j:plain

f:id:tomitooji:20180302174743j:plain

右(向かって左)のまぶたのひらきが縦方向にも横方向にも小さいですね。

これは術後の結果に影響してくることが多いです。

左眉が高いことに加え、目をとじたときも眉が上がっています。

そして二重まぶたの乱れが顕著です。

 

といろんな評価をしながらプランを練ります。

 

局所麻酔で手術(挙筋前転術)を行いました。

 

デザインの写真です。

f:id:tomitooji:20180302174622j:plain

もともとの二重を参考にしつつ丁寧にデザインします。

余っている皮膚の量をよくみて、若干の左右差をつけました。

二重の幅はすこしでるくらいがよいとのことでした。

 

手術中の写真です。

f:id:tomitooji:20180302174707j:plain

しっかりと腱膜固定(挙筋操作)を行います。

 

この調整の段階までに、

出血を多くさせてしまったり、

ひどく痛がらせてしまったり、

麻酔を効かせすぎてしまったりすると、

正確な調整ができなくなるので、慎重な操作が必要です。

 

座位で数回確認して、二重を作成して、手術終了とします。

手術時間は1時間5分でした。

 

手術直後の写真です。仰向けでの撮影で申し訳有りません。

f:id:tomitooji:20180302175621j:plain

f:id:tomitooji:20180302175645j:plain

三重まぶた予防にふくろとじ縫いを行なっています。

直後は若干の目のとじにくさがありますが、

この程度は全く問題ありません。

 

抜糸時の写真です。

f:id:tomitooji:20180302175147j:plain

f:id:tomitooji:20180302175423j:plain

f:id:tomitooji:20180302175318j:plain

腫れはそこまで強くないですがやや皮下出血が目立ちますね。

手術前からある、目の横幅が小さい方(向かって左)が目の開きが小さくみえます。

 

 

術後1か月の写真です。

f:id:tomitooji:20180302181453j:plain

f:id:tomitooji:20180302181519j:plain

f:id:tomitooji:20180302181514j:plain

腫れはだいぶひきましたが、内側にまだ腫れが残ります。

そして右目(むかって左)がわずかに小さく感じます。

 

 

術後3か月の写真です。

f:id:tomitooji:20180302181635j:plain

f:id:tomitooji:20180302181842j:plain

f:id:tomitooji:20180302182114j:plain

腫れが完全に引きました。

目の大きさが揃ってきました。

左眉(向かって右)が高いことで二重の幅がわずかに広くでています。

これは術前からある癖ですね。

 

術後6か月の写真です。

f:id:tomitooji:20180302182208j:plain

f:id:tomitooji:20180302182214j:plain

f:id:tomitooji:20180302182705j:plain

左右差も少なく、よい仕上がりです。

ご本人にはとっても喜んでいただけました。

写真の使用のご快諾ありがとうございます。

 

毎回の症例から学ばせていただくように、

このかたから学ばせていただいたこともいくつかあります。

今後の二重治療、まぶた治療に活かさせていただきますね。

 

 

黒目の中心が出ていないかた、けっこういらっしゃいますよね。

病気ですので健康保険で治療できます。

しかし健康保険内で眼瞼下垂治療されたかたでも

とんでもない結果で修正にいらっしゃることもあるので、

病院選びは慎重にしてください。

 

当院は千葉県で最多症例数を誇りますのでおすすめです。