王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

広い二重を幅狭くする他院修正と長期経過。「後医は名医」? 

形成外科専門医の王子です。

 

オセロアプリのコンピューターが強すぎて全然勝てず、

毎日切磋琢磨してます。

 

本日は前回のブログのかたのうわまぶたについてです。

 

「後医は名医」

好きなことわざです。

しかし前医を批判して、みずから名医になろうとする人が多すぎます。

前医を批判することなく、結果だけで名医となるのが一番ですね。

 

以前に海外で上まぶたと下まぶた手術を受けたかたです。

デザインの希望も言う暇もなく静脈麻酔で寝かせられた後に、

気がついたら終わっていたようです。

したまぶたは皮膚を切り取りすぎてあっかんべーとなり、

うわまぶたはとんでもない位置で切開され、

かなり広い二重まぶたになりました。

 

最初に修正手術前と術後2年の写真を。

f:id:tomitooji:20181130135319j:plain

f:id:tomitooji:20181130141201j:plain

 

 

さてどんな経過をたどったか、

写真をみていきましょう。

術前の写真です。

f:id:tomitooji:20181130135319j:plain

f:id:tomitooji:20181130135354j:plain

f:id:tomitooji:20181130135338j:plain

あっかんべーもあいまってかなりつらそうです。

幅をせまくしたいとのことでしたので、

幅をせまくする修正です。

眼瞼下垂症状もありましたので、挙筋前転術も併用しました。

f:id:tomitooji:20181130135650j:plain

実線のところを切開して、点線(前医での切開線)

の部分をしっかり剥離します。

 

抜糸時はこんな感じです。

もちろん腫れはありますが、メガネをかけて外出できる範囲でしょう。

f:id:tomitooji:20181130135836j:plain

 

術後1か月です。まだむくみがあって幅が広くみえています。

f:id:tomitooji:20181130135914j:plain

f:id:tomitooji:20181130140143j:plain

 

術後3か月です。かなり落ち着いてくる時期です。

きずもほぼ目立ちません。

f:id:tomitooji:20181130140258j:plain

f:id:tomitooji:20181130140318j:plain

 

術後半年です。手術経過としてはほぼ完成ですが

まだまだ経過をおわせてもらいました。

f:id:tomitooji:20181130140356j:plain

f:id:tomitooji:20181130140421j:plain

 

術後1年です。ここまできました。

このあと、前記事で紹介した下まぶたあっかんべー修正術をやりました。

f:id:tomitooji:20181130140526j:plain

f:id:tomitooji:20181130140626j:plain

f:id:tomitooji:20181130140650j:plain

 

最後にもういちど術後2年の写真と術前の写真をならべてみます。

f:id:tomitooji:20181130141117j:plain

f:id:tomitooji:20181130141201j:plain

下まぶたも修正もあいまって、かなりいい感じです。

加齢と眉毛下垂に伴うまぶた内側と外側のしわは

完璧に改善するのは難しいですが、

合格点ではないでしょうか。

 

私はデザインも術中も強迫神経症のように左右差を気にするので、

本当は左右のバランスもばっちりですが、片目だけの写真のご承諾です。

写真使用のご快諾ありがとうございました。

 

 

幅をせまくする手術、

需要高いです。

美容外科で幅広二重になってしまった若い人も、

保険手術で結果として幅広にされてしまった中高年のかたも、

困っている方がたくさんいらっしゃる印象です。

 

しかし気をつけなければならない点はいくつかありますし、

簡単なものではないようです。

やりかたと現在の私の考えを次回以降に述べます。

ぶれずにマニアックにいきますー。

 

施術内容:眼瞼下垂症手術。新たにせまい二重の線で切開し、前医の瘢痕の下を剥離して、挙筋前転を行います。二重形成法は症例により変えます。術後、全例で予定外重瞼の予防策を行います。

合併症:腫、出血、血腫、感染、きずあと(瘢痕)、皮膚の感覚鈍麻(アイラインの部分)、皮膚の引きつり感、まぶたの形の異常、まぶたの開きの左右差、低矯正、過開瞼、兎眼、ドライアイ、角膜炎、視力の変化、眉毛下垂、内側と眉間のシワ、眼瞼痙攣、二重のラインの左右差、きずの部分の凹み (陥凹)、三重まぶた(予定外重瞼)、 二重のラインが浅くなる・消える、二重の乱れ(外側と内側の二股)、二重の線ときずあとのわずかなずれ

料金:けがや保険手術の後など、保険適応と判断できれば144000円の三割負担(両目)

美容手術のあとなど、自費治療であれば両側で55万円(税別)+つりあげ法6万円(税別)