王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

皮膚のたるみが目立つ眼瞼下垂の治療  挙筋腱膜前転とたるみとり  80代女性

どうも形成外科専門医の王子富登です。

 

本日は東邦大学医療センター佐倉病院で、

眼瞼下垂症手術(小切開法)、大きな血管腫の切除術、指の粘液嚢腫の手術がありました。

とてもうまくいきましたので、結果が楽しみです。

明日も眼瞼下垂症手術(挙筋腱膜前転術、眉毛下切除術)が二件ありますので頑張ります。

 

 

さて今回は、皮膚のたるみが多い眼瞼下垂のかたの治療です。

 

 

どのくらい皮膚を切り取るか。それが問題です。

 

 

眼瞼下垂の手術の際の皮膚切除量をどのように決めるか

 

に関しては様々な議論があり、正解はありません。

 

絶対に正しいことといえば、

 

結果がすべて

 

ということくらいでしょう。

 

 

術前の写真です。80代女性ですが、とても若々しい雰囲気のかたです。

主訴は、ものがみえにくい、肩がこるとのことでした。

f:id:tomitooji:20180112182027j:plain

f:id:tomitooji:20180112182133j:plainf:id:tomitooji:20180112182123j:plain

 

事前に鏡を使って打ち合わせをしますが、

見た目の二重幅は1mm以上欲しいとのことで、

なるべくご希望通りに行くようにデザインしました。

局所麻酔での眼瞼下垂症手術(挙筋腱膜前転)を行いました。

 

 

術後6か月の状態です。

f:id:tomitooji:20180116180451j:plain

f:id:tomitooji:20180116180519j:plain

f:id:tomitooji:20180116180535j:plain

 

経験者にはわかると思いますが、結果をだすのが難しいまぶたです。

しかしとても良い結果で患者さんも喜んでいただけました。

 

写真使用のご快諾ありがとうございます。

 

次回は手術のデザインと皮膚切除に関する考えをお伝えします。

 

 

 

 

眼瞼下垂(初回、特に他院修正)の治療は症例数の多い病院で受けることをおすすめします。

クリニックのホームページの過大広告を過信しすぎないようにしましょう。