王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

まぶたのたるみとり 簡単なようで難しい眉毛下切開 経過とデザイン 60代男性

どうも形成外科専門医の王子富登です。

 

正しい眼瞼下垂治療、まぶた治療の普及のために、

本日もブログ更新です。

 

 

どのくらい切り取ればよいのか。それが一番難しい。

 

眉毛下皮膚切除はよい手術ですが、

切除量が少なすぎたり、

適応を見誤ると、

効果があまりでずにきずだけが残ります。

 

 

術前の写真を再掲します。

f:id:tomitooji:20180126173749j:plain

眉毛下皮膚切除のよい適応です。

 

シミュレーションを入念に行なってからデザインします。

f:id:tomitooji:20180127130530j:plain

f:id:tomitooji:20180127151245j:plain

この状態で最大幅20mm切除しました。

 

眉毛下切開の皮膚切開には、

  • 通常通りほぼ垂直に切り込む方法
  • 毛根の向きに平行に切り込む方法(毛包斜切断)

があります。

眉毛の密度や生え方に応じて変えることはありますが、

基本的には毛包斜切断を採用することが多いです。

毛根が温存されて、きずあとから毛が生えてきます。

 

その毛包斜切断で皮膚を切除したところです。

f:id:tomitooji:20180127153839j:plain

毛根が温存されているのがわかります。

白っぽくみえるのは、眼輪筋(目を閉じる筋肉)の筋膜です。

 

さて、眼輪筋の処理方法ですが、いくつかあります。

①眼輪筋のタッキング

②一部切除して眼輪筋同士を縫合

③まつ毛側の眼輪筋弁を、眉毛下の骨に固定

 

術前の眉毛の位置やくぼみ目の程度、皮膚切除量を総合評価して、

どの処理にするかを決めます。

今回は②を採用しました。

眼輪筋処理後に、丁寧に縫合して終了です。

真皮縫合は多めです。

手術直後の写真です。

f:id:tomitooji:20180127154517j:plain

f:id:tomitooji:20180127154318j:plain

 

抜糸時の写真です。

f:id:tomitooji:20180127154632j:plain

眼輪筋処理を行なっているので、やや皮下出血が多めにでました。

大きな左右差や、皮膚のツレはなく、良好な経過です。

 

術前と術後1ヶ月の比較写真です。

f:id:tomitooji:20180126174716j:plain

瞳の中心がしっかりでて、見やすくなりました。

 

術後1ヶ月のきずのアップです。

f:id:tomitooji:20180127155247j:plain

きずの赤みは一番強い時期です。

これからどんどん馴染んできます。

 

写真使用のご快諾ありがとうございます。

 

眉毛下切開にはさまざまな方法、デザインがあります。

そのかたのまぶたのタイプ、眉毛の位置や生え方、骨格など、

すべてを考慮して、デザインや手法を決めるのが大切です。

 

 

この手術の関してよく聞くセリフ、

 

「眉毛の下の皮膚を切り取るだけなのですぐ終わりますよ。」

「目元の印象はあまり変わらずに若返りますよ。」

「きずなんてまったくわからなくなります。」

「二重の幅広げましょうか?」

 

 

適切な判断と手技であれば、このセリフは正しいのですが、

どこの施設でもそれができるわけではありません。

いわれるがままにこの手術を選択してしまい、

 

眉毛の下にきずが残っただけ、

眉毛の外側がふくらんだだけ、

 

とならないようにしましょう。

 

東邦大学医療センター佐倉病院、城本クリニック立川院では、

眉毛下皮膚切除を行なっております。

慎重に適応を判断して、適切な手術をご提案します。

ぜひ一度ご相談にいらしてください。