王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

先天性眼瞼下垂症に対する挙筋腱膜前転術 10代男性 〜デザインと経過〜

どうも形成外科専門医の王子富登です。

本日はお休みでしたので、ゆったりと読書と勉強に時間をさけました。

休日の気分転換は大切ですね。

 

前回の続きです。

 

10代男性の左まぶたの先天性眼瞼下垂症に対して挙筋腱膜前転術を行いました。

 

繰り返しになりますが、術前の写真です。

挙筋機能(まぶたをあける眼瞼挙筋のちから)は中程度認めたため、

筋膜による吊り上げ術ではなく、

挙筋腱膜前転術(左のみ)を選択しました。

f:id:tomitooji:20171105231552j:plain

f:id:tomitooji:20171105231615j:plain

 

デザインの写真です。

右側の二重の線を参考に、丁寧にラインを引いていきます。

f:id:tomitooji:20171105231928j:plain

 

上眼瞼挙筋の状態です。正常の挙筋よりもやや変性しています。

黒い点は糸で、挙筋腱膜をまぶたの縁に縫い付けています。

f:id:tomitooji:20171105232042j:plain

 

術直後の写真です。局所麻酔で痛みも感じることなく無事終えました。

腫れも最低限でしょう。

f:id:tomitooji:20171105232359j:plain

f:id:tomitooji:20171105232424j:plain

 

術後6日の写真です。

まだまぶたの開きは完全ではないですが、腫れも少なく良好な経過です。

抜糸が終われば通学も問題ありませんね。

f:id:tomitooji:20171105232710j:plain

 

 1か月後の写真です。

 だいぶ腫れもひいて、まぶたの開きも揃ってきました。

二重も自然ですね。

f:id:tomitooji:20171105232834j:plain

 

最後に術前と術後1年の写真を再掲します。

f:id:tomitooji:20171105231552j:plain

f:id:tomitooji:20171105233011j:plain

 

f:id:tomitooji:20171105233034j:plain

とてもよい経過です。

まぶたの開きも二重の具合も良好です。

目がとじきらない(兎眼といいます)こともありません。

きずもほとんどわかりませんね。

 

写真の使用のご快諾ありがとうございました。

手術を検討されているかたにとっては腫れの経過など、

大変参考になるのではないでしょうか。

 

先天性眼瞼下垂は保険治療で治療できます。

(美容外科で治療するケースもあるようですが。)

しかし、初回手術が重要です。

眼瞼下垂と二重の治療に精通している医師に執刀してもらうことをおすすめします。

 

先天性眼瞼下垂でお悩みのかた、

ぜひ一度形成外科を受診してみてください。

 

千葉県内での眼瞼下垂治療はぜひ東邦大学医療センター佐倉病院で。