王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

ずっとコンプレックスだった眼瞼下垂 〜腫れの経過は?〜

東邦大学医療センター佐倉病院

形成外科専門医の王子です。

 

「どのくらい腫れますか?」

「ダウンタイムはどのくらいですか?」

 

という質問を多くいただきます。

 

手術を受けたいけど、あまり仕事を休めない。

大切な予定が1か月後にあるんだけど。

 

スケジュール調整にとっては腫れの具合は最も気になるところです。

 

腫れに関しては

  • やせているか、太っているか
  • 年齢
  • デザインする二重の幅
  • 手術の内容
  • 医者の技術

などによってかなり違います。

前回の患者さん(50代男性)の経過を紹介しながら解説しましょう。

 

写真でみる腫れの経過

術前 痩せ型の患者さんです。

f:id:tomitooji:20171014144148j:plain

 

術直後 麻酔の影響でふっくらしていますが内出血はほぼありません。

f:id:tomitooji:20171014180719j:plain

f:id:tomitooji:20171014180726j:plain

 

術後6日(抜糸)あざが少しあります。腫れのピークはこえています。

f:id:tomitooji:20171014180732j:plain

f:id:tomitooji:20171014180735j:plain

 

術後1か月 かなり腫れがひきました。

f:id:tomitooji:20171014180748j:plain

f:id:tomitooji:20171014180752j:plain

 

術後3か月 ほぼ完成ですが、わずかにむくみがあります。

f:id:tomitooji:20171014180845j:plain

 

術後1年 すっきりとしたまぶたです。

f:id:tomitooji:20171014181005j:plain

 

このかたは腫れがだいぶ少ないタイプです。

写真の使用を快諾していただいた患者さんに感謝します。

 

一般的な腫れの経過

 

手術後2-3日が腫れのピーク。

手術後5-7日に抜糸するときはあざがやや目立つ。お化粧可。

手術後2週間くらいであざ(内出血)が消える。

手術後1か月で腫れはほとんどひく。

手術後6か月で腫れが完全に消失する。

 

 

といった経過です。

 

もちろんこれはあくまで一般的な経過ですから、

腫れが長引いたり、場合によっては再手術が必要になった場合には

この限りではありません。

(どこの施設でもだいたい10例から20例に1例は再手術になるといわれています😢)

 

 

いついつまでに治したい。

◯か月先に大事な用事がある。

 

などなど、

保険診療であってもご自分のスケジュールは遠慮なくおっしゃってくださいね。

大事なご予定がだいたい1か月先くらいであれば、手術をお引き受けしています。

 

次回はこの方の二重について説明する予定です。

形成外科は保険診療でも自然できれいな二重を追求しています。

 眼瞼下垂診療は形成外科がおすすめです( ^ω^ )