王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

私は眼瞼下垂?子供の頃から小さかった右目と肩こり 20代女性

形成外科専門医の王子です。

千葉県佐倉市東邦大学医療センター佐倉病院で診療しています。

 

 

今回ご紹介するのは20代女性です。

 

子供の頃から右目が小さく、最近は肩こりがひどく、頭痛もあったとのこと。

目頭側は広すぎない平行型で、正面からみた二重の幅は広め(2-3mmくらい)

とのリクエストでした。

 

 

経皮的挙筋腱膜前転術を行いました。

(経皮的とは皮膚を切るという意味です。)

 

まぶた中央での二重の高さを9.5mm(伸展させて12mm)

皮膚切除なし、眼輪筋切除なしとしました。

 

術前の写真です。 二重、眉毛、余剰皮膚、まぶたのひらきに左右差を認めます。

f:id:tomitooji:20171019011646j:plain

f:id:tomitooji:20171019011716j:plain

 

術後1年 お化粧&ディファインありです。

f:id:tomitooji:20171019011833j:plainf:id:tomitooji:20171019012027j:plain

別のかたではありません。

このかたがもともと持っている、

まぶたの大きさ(瞼裂の大きさ)、目頭の具合、まぶたの薄さ

(非常に重要です。)

がすべてあいまってさらに魅力的なまぶたになりました。

 

「大満足です。肩こりも頭痛も消えました。」

 

写真の使用を許可いただき、感謝しております。

 

細かいことをいえば、

一見、埋没法単独でもある程度対応可能と予想されますが、

眉毛の上がり方の左右差と瞼裂高(まぶたの開き)の左右差をみとめたので、

経皮的に挙筋腱膜操作をすることで、開瞼の左右差の解消を狙いました。

 

 

解説とともに、デザインと術直後、抜糸時の写真を次回以降お伝えします。

 

 

 

千葉県での眼瞼下垂診療はぜひ東邦大学佐倉病院で。