王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

まぶたの手術を受けるにあたっての心構えとアドバイス その1

どうも形成外科専門医の王子です。

本日火曜日は東邦大学医療センター佐倉病院で1日中手術をしています。

本日は珍しくまぶたの手術はありませんが、

足の皮膚潰瘍(ひふかいよう)の手術が二件です。

最良の結果を目指します。

(午後は初診も受け付けていますので、ぜひいらしてください。)

 

 

今日は症例写真はひとやすみしてこんな話題を。

 

 

まぶたの手術(眼瞼下垂、二重など)を受けるにあたっての心構えとアドバイス

 

 

「初回の手術が一番大切」

 

基本的な心構えはこれにつきます。

 

手術は、家をたてることと同じだと思っています。(家をたてたことはありませんが)

基礎工事(初回手術)がしっかりできていれば、

もし少し直しが必要になっても改築工事(修正手術)もやりやすいです。

 

しかし、基礎工事が雑であったり、原則を無視したものだと、

改築(修正手術)の際に、

 

あけてびっくり欠陥住宅

 

となってしまい、うまく改築(修正)できないどころか、

もとの地盤よりひどくなることもあります。

 

f:id:tomitooji:20171024000410j:plain

 

手術をする医師は、基礎工事(初回手術)をしっかり行えることが必須です。

その上で、

 

  • どのような家の建て方を行っているか。(手術法)
  • どのような家をたてるのが得意か。(仕上がりの好み)
  • 家の建て方にどのような癖があるか。(手術やデザインの癖やセンス)

 

といった違いが、医者ごとにあります。

 

手術を受ける前に少し立ち止まってよく考えましょう

 

眼瞼下垂や二重の手術を受けた方で、

手術の結果に苦しまされている人はたくさんいます。

皮膚切除が多すぎ、眼輪筋を取りすぎ、挙筋腱膜を切除している など

さまざまなケースがあります。

 

手術を受けるのも家を建てるのも、

人生でそう何回もありませんし、

とても重要なイベントです。

 

初回の手術をどこで受けるか、

誰にやってもらうか。

 

よく考えたほうがいいですね。

手術結果に満足される患者さんが少しでも多くなるように

これからも情報発信をしていきます。

 

千葉県内での眼瞼下垂と二重の初回手術はぜひ当院で。

 

心構えとアドバイスシリーズの次回は、

手術を受けると決めたかたへのメッセージ。

 

執刀医師の選び方のヒント

 

です(予定)。

お楽しみに^ ^