王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

右目がひらかない。先天性眼瞼下垂症に対する筋膜移植術 10代男性

こんにちは、形成外科専門医の王子富登です。

本日は城本クリニック立川院で診療でした。

他院での埋没法の抜糸が数件ありました。

 

埋没法は二重をつくるプチ整形といわれ、

単純で簡単と思われがちですが、

大変奥が深い施術です。

 

しっかりとカウンセリングをしてくれて、

しっかりした技術をもったクリニックを選びましょう。

城本クリニックは安心安全ですのでおすすめです。

 

 

今回も先天性眼瞼下垂の手術についてお伝えします。

 

先天性眼瞼下垂症に対する筋膜移植術

 

先天性眼瞼下垂症に対して手術治療は大きくわけて二つあります。

 

  • 挙筋前転術前回の記事を参考にしてください)
  • 前頭筋つりあげ術です。

 

後者は眼瞼挙筋という筋肉の力が弱いかたに適した手術で、

眉毛をあげる筋肉(前頭筋)の力を利用してまぶたをあける方法です。

その際に自分の組織(筋膜)を使用するか、

それとも人工物(ナイロンやゴアテックス等)を使用するかで経過もかわってきます。

 

10代男性の先天性右眼瞼下垂症状のかたの写真を紹介します。

術前の写真です。上方視のときもほぼまぶたがあがりません。

f:id:tomitooji:20171110175540j:plain

f:id:tomitooji:20171110175616j:plain

f:id:tomitooji:20171110180114j:plain

 

術後1か月の写真です。

f:id:tomitooji:20171110175804j:plain

f:id:tomitooji:20171110180028j:plain

f:id:tomitooji:20171110175831j:plain

 

軽度の閉瞼不全(兎眼といいます)はありますが、とてもよい経過です。

この手術でないとだせない結果です。

写真の使用をご快諾いただきありがとうございます。

 

ネット上では筋膜移植術の経過等はあまり載っていませんので、

大変参考になるのではないでしょうか。

 

情報があまり載っていないのは、(私の推測ですが)

 

この手術の難しさに訳があると思います。

細かな調整、豊富な経験が必要となる手術です。

 

先天性眼瞼下垂症でお悩みのかた、またはお子様をもつかた、

まぶた治療の専門施設で手術を受けることをお勧めします。

千葉県では東邦大学医療センター佐倉病院での治療がおすすめです。

 

 

次回は手術の経過を紹介します。