王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

眼科で手術後、まぶたが上がらなかった眼瞼下垂の続き。他院修正の大腿筋膜移植術

こんばんは。

形成外科専門医の王子富登です。

本日は外来と局所麻酔の手術3件でした。

日曜以外は毎日手術をしております。

12月は手術の需要が高いので、他の月よりも一層手術が多いです。

常に最高の結果をだせるように体調管理もしっかりします。

 

 

前回の続きです。

mabuta-blog.hatenablog.com

 

 

他院眼科で手術を受けたが、まぶたが開かなかった患者さんです。

 

眼科で三回手術を受け(詳細不明)、

その後当院形成外科に紹介されました。

 

挙筋機能(まぶたの筋力)はほぼない状態でしたので、

迷わずに前頭筋つりあげ術一択です。

 

前頭筋つりあげ術とは、

まぶたをあけるメインの筋肉(眼瞼挙筋)の力がない方に対して、

まぶたとおでこの皮膚を、筋膜もしくは人工素材でつなげることで、

眉毛を挙げた際にまぶたが開くようにする手術です。

 

これもまた素晴らしい手術なのですが、

繊細な技術が必要とされます。

 

では今回の症例を解説していきましょう。

デザインの写真です。少し変わったデザインとしています。

前回の手術痕を切除することとし、

二重の幅は少しでるかでないかの末広型くらいを狙い、

まぶたが上がった際に皮膚の余剰はほぼないと予想して

デザインしました。

f:id:tomitooji:20171211231008j:plain

 

 

術中です。

皮膚の下にトンネルを作成する直前の写真です。

眼窩隔膜の下にトンネルを正確に作成します。

出血しないように注意が必要です。

f:id:tomitooji:20171211233612j:plain

 

 

次に大腿筋膜(ふとももの筋肉の膜)を加工して移植します。

この作業もまたこの手術の楽しみでもあります。

Y字型にしたり、三股にしたり、四股にしたり、三本にわけたり、

様々なやりかたがありますが、

結果がすべてでしょう。

f:id:tomitooji:20171211233759j:plain

このY字型の部分を瞼板(まぶたの板)に縫い付けるのですが、

これによってまぶたのアーチが決まります。

ここは一番重要な作業ですから、妥協することなく調整します。

(詳細は以前の記事を参考にしてください。)

 

 

その後、筋膜を眉毛側のきずからだして、

まぶたの開け具合を調整します。

これが二番目に大切な作業です。

縫い方と調整の仕方は私のオリジナルで、

細かな調整がしやすい方法です。

 

術直後の写真です。

バランスやアーチ、二重の幅等、なかなかいい具合に決まっています。

f:id:tomitooji:20171211234531j:plain

なるべく腫れない操作を心がけて、調整に有利になるようにしています。

時間がかかると、腫れが強まるので、正確かつ早い手技が必要です。

 

 

閉瞼(まぶたをとじたところ)の写真です。

このように少し半目になります。

この程度であれば術後閉じることができるようになります。

まぶたの開きと閉じにくさを左右あわせるように調整しています。

f:id:tomitooji:20171211235455j:plain

 

上方視(上をみたとき)の写真です。

術直後から上が見やすくなり、多くの患者さんは感動されます。

f:id:tomitooji:20171211235825j:plain

 

 

ただし、注意事項がひとつ。

 

大腿筋膜(側頭筋膜)は術後の経過で縮むことがあり、

それは0-20%程度の縮みといわれています。

これは予想ができませんが、丁寧かつ正確な操作が縮みを抑えるといわれています。

筋膜が縮みすぎたことによる過矯正(まぶたが開きすぎること)だけは

絶対に避けなければなりません。

 

 

写真の使用をご快諾していただき、ありがとうございます。

 

 

果たしてどの程度筋膜が縮むのか、

それによってどの程度まぶたが開いてくるのか、

 

 

次回は術後の経過を詳しく載せます。