王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

痛くて我慢できないほどの巻き爪を治す。の続き

どうも形成外科専門医の王子富登です。

4月以降も東邦大学医療センター佐倉病院

まぶた治療(眼瞼下垂、逆さまつげ、二重など)と、

顔面神経麻痺治療を継続できることになりました。

千葉県のかたで、上記でお悩みのかたはぜひ当院形成外科にいらしてください。

 

 

前回の続きです。

 

mabuta-blog.hatenablog.com

 

 

重症の巻き爪の手術治療

 

巻き爪と陥入爪を混同している方は医師でもいらっしゃいますが、

厳密にいうと両者は違います。

今回は巻き爪の治療です。

 

巻き爪の治療は色々あります。

 

  • クリップ治療(市販品)
  • ワイヤー治療
  • VHO式などの保存治療
  • 手術治療(フェノール法、鬼塚法、児島法など)

 

このなかから患者さんに適するものを選ぶのですが、

手術治療以外は、継続した治療が必要ですので長期的にみると、

色々な意味での負担が大きいと思います。

 

今回は局所麻酔で手術治療(児島法変法)を行いました。

 

術前の写真を再掲します。

f:id:tomitooji:20180106153102j:plain

いたそうです。

 

手術のデザインです。

f:id:tomitooji:20180106154757j:plain

このように皮膚切開をし、両脇の爪母といわれる爪をつくる組織を一部切除します。

その後、部分的に爪を切除して、

爪の下の皮膚のかたちをととのえるのです。

 

術直後です。

f:id:tomitooji:20180106154918j:plain

爪がくいこんでいた皮膚が平坦になっているのがわかります。

 

術後1か月です。

f:id:tomitooji:20180106155041j:plain

ゆっくりですが、爪が伸びてきています。

見た目はかさぶたがついていて、綺麗とはいえませんが、

痛みは全くなくなっており、この時点でお喜びいただけました。

 

術後6か月です。

f:id:tomitooji:20180106155551j:plain

かなりいい具合に爪が伸びてきました。

先端は分厚いですが、皮膚の先端を爪が乗り越えています。

この手術をした後には肥厚爪になる可能性が少しありますが、

少しの工夫をすることで可能性を低くできます。

 

肥厚爪とは、爪が先端まで伸びず、どんどんと厚みを増していく状態です。伸びるはずの爪の分が厚みに変わっていくのです。原因ははっきりしませんが、抜爪や外傷が多いです。

 

 

 

術後9か月です。

f:id:tomitooji:20180106155221j:plain

きれいな爪になりました。

大変満足されています。

今後もフォローさせていただきます。

写真使用のご快諾ありがとうございました。

 

 

巻き爪で悩んでいる方は多いです。

 

見た目が悪いから治したい。

痛みがひどくて治したい。

 

色々とお悩みがあると思いますが、

一度形成外科でご相談ください。

適切な治療をすればよくなることがほとんどです。