王子のまぶたブログ 眼瞼下垂と二重

形成外科専門医の王子富登のブログです。二重まぶたと眼瞼下垂の治療について紹介していきます。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の手術を受けて1~2日目です。腫れのピークです。

形成外科専門医の王子です。

 

昨晩はワンポンドステーキを食べて元気回復しました。

肉の塊を食べるのは爽快ですね。

仕事中は食事をとる時間があまりないため、夜になると食欲が爆発しちゃいます^ - ^

ごちそうさまでした。

 

さて、霰粒腫の手術を受けて1-2日目の経過を紹介します。

 

 

まずは手術の翌日。術後1日目。

f:id:tomitooji:20180323120409j:plain

f:id:tomitooji:20180323120436j:plain

 

腫れているのはなんのその、

この日も埋没法などたくさんの施術をしました。

瞼板(けんばん:まぶたの縁にある板状の構造物)まで手術操作が及んでいるので、

この日はずきずき痛かったです。

そしてまじめに冷やしもせずたまに軟膏塗る程度でした。

 

 

 

手術を受けて2日目は腫れのピークです。

(インカメラでとってしまったので、画質が荒いです。)

 

f:id:tomitooji:20180323121840j:plain

f:id:tomitooji:20180323121950j:plain

やはり腫れました。

この日もじんじんずきずきしながら、手術をしていました。

腫れの影響でまぶたを開きづらくなるので、やや遠近感がつかみずらかったなと。

やはり手術の翌日まで安静にして、冷やすのがよいですね。

 

 

今回気が付いたこと。

 

普段は手術をうけた方々に、

 

「手術翌日からきずを洗って軟膏を塗ってください。

そのほうがきずが綺麗に治ります。」

 

と伝えていますが、

実際自分が手術をうけたあとは、

 

「きず洗うなんて怖いし、洗ったらすこししみるし、

さわりたくない(/ _ ; )」

 

と思いました笑

 

 

やはり自分の身で体感するのはとてもよいことですね。